港町歯科クリニックロゴ

日本歯内療法専門医診療室

アクセス 医院へ電話

根管治療担当医師

日本歯内療法専門医診療室 歯科医師 経歴

佐藤暢也(さとう のぶや)

佐藤暢也(さとう のぶや)

日本歯内療法学会 専門医・指導医

経歴

1985年  北海道大学歯学部卒
1985年  札幌市 医療法人仁友会 日之出歯科診療所勤務
1988年  秋田市 港町歯科クリニック開設
1994年  米国歯内療法学会(AAE) International Membership
1994年  大谷歯内療法研修会(大谷 満 先生 主宰) インストラクター
1995年  日本歯内療法学会 専門医
1998・1999年 The University of Texas Health Science Center at San Antonio
        Continuing Dental Education Endodntics Program 修了
1998年  日本歯内療法学会 指導医
1999年  LightSpeed Endodontics インストラクター
200O年  カルシテック(現 ZIMMER DENTAL)インプラント インストラクター
2006年  秋田インプラント研究会 会長
2010年  第31回日本歯内療法学会学術大会 デンツプライ賞受賞
2011年  第32回日本歯内療法学会学術大会 大会会長賞受賞
2011年  日本歯内療法学会・認定研修施設長(指導医)
2011年  Materialise Dental(Belgium)
     SurgiGuides in Endodontics , Excellence Award受賞
2012年〜Carl Zeiss Meditec 手術用顕微鏡(OPMI)インストラクター
2012年〜日本口腔インプラント学会 専門医
2013年〜VDW RECIPROC インストラクター
2013年〜2018年日本口腔インプラント学会 東北・北海道支部 総務担当幹事
2013年〜2015年 日本歯内療法学会 東北支部会設立組織委員会 委員長
2016年〜東北歯内療法学会 副会長

歯内療法セミナー等の経歴

●大谷歯内療法研修会入門コース(アシスタントインストラクター)

●大谷歯内療法研修会ベーシックコース 講義/実習 (アシスタントインストラクター)

●大谷歯内療法研修会アドバンスコース 講義/実習 (アシスタントインストラクター)

●大谷同行会(大谷 満 先生 主宰)幹事 (発起人・専務)

●ライトスピード研修会~適正・安全・良好な根管治療のために~ハンズオンセミナー 専任インストラクター

最近の歯内療法における活動

2011年

11/27 東京 日本顕微鏡歯科学会 ランチョンセミナー(白水貿易・ツアイス)

2012年

5/24 群馬JEA研修会 講演
  10/28 東京 日本歯内療法学会 認定臨床研修会 講演
12/16 大阪 日本歯内療法学会 認定臨床研修会 講演

2013年

5/23~26 東京 世界歯内療法学会
Three dimensional planning for CT-guided endodontic surgery and live demonstrations with a model using CAD/CAM surgical template. テーブルクリニック
6/1  青森 青森県歯科医師会支部 講演
12/15 大阪 日本歯内療法学会 認定臨床研修会 講演

2014年

7/12・13 新潟 日本歯内療法学会 テーブルクリニック発表
8/31 東京 マテリアライズ・デンタル 講演
9/21 秋田 日本歯内療法学会 東北支部会学術講演会 講演
10/31 山形 日本保存歯科学会 ランチョンセミナー(モクダ)
12/7  仙台 日本歯内療法学会 東北支部会 ランチョンセミナー(モクダ)
12/23 神戸 第1回エンドサミット(モクダ) 講演
12/14 大阪 日本歯内療法学会 認定臨床研修会 講演

2015年

2/28 青森 青森県歯科医師会支部 講演
8/31 秋田 日本歯内療法学会 東北支部会学術講演会 講演
10/18 東京 日本歯内療法学会 認定臨床研修会 講演
12/13 東京 第2回エンドサミット(モクダ) 講演

2012年〜現在

JEA認定研修会 カリキュラムⅢ 外科的歯内療法:実体顕微鏡の外科的歯内療法への応用/マイクロサージェリー 講師

2013年〜現在

「超」シンプルエンドへのいざない(one file endo) VDW RECIPROC インストラクター

過去の著作

●大谷エンドドンティクス(著作編集協力)(第一歯科出版)

●A.A.E.報告――死腔論と90年代(日本歯内療法学会誌)

●大谷エンドの実践(日本歯内療法学会誌)

●各種ガッタパーチャコーンを用いた垂直加圧根管充塡の封鎖性の比較検討(日本歯内療法学会誌)

●局所麻酔装置―The Wandの術式とその臨床的評価(日本歯内療法学会誌)

●LightSpeedのチェアサイドでの効率的使用方法 共著(日本歯内療法学会誌)

●LightSpeedを用いての根管治療臨床報告(日本歯内療法学会誌)

●根管形成を再考するー機械的根管形成法の現在ー(歯科評論)

●日本臨床歯内療法学会編:エンドドンティックスー21世紀への展望(クイッテンセンス)

●新感覚の根管形成器具「ライトスピード」(歯科評論)

●適正・安全・良好な根管治療の実際(デンタルダイヤモンド)
・Start with LightSpeed!
・新感覚で根管形成
・根管形成、ここが違う!
・LightSpeedでやってみよう!
・根管径を忘れずに
・より効率的な根管治療をめざして

●根尖病変を有する歯への生態学的根管治療後の長期経過観察症例(日本歯内療法学会誌)

最近の著作

●マテリアルを使いこなそう! 1本ファイル根管形成 ザ・クインテッセンス 2014年3月号

●歯根破折-アピカルクラックへの対応 デンタルダイヤモンド 2014年10月 第39巻 第14号

●治癒に導く作業長の設定を考える~作業長の「なぜ?」を問い学ぶ~ 日本歯科評論 2015年2月号 Vol.75(2)

●歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック 編著 日本歯科評論 2015年5月 別冊

●穿孔の適切な封鎖法 デンタルダイヤモンド 2015年5月 第40号 第7号

歯の価値を大切に考えているあなたへのメッセージ

あなたの生まれもった歯にまさるものはありません!
歯科治療が必要になったなら、ご自分の歯を守ることを第一に考えましょう。歯を失ってから、どんなに優れたブリッジやインプラント治療をしたとしても、あなたの歯にとって代わることなどできません。

もし、あなたの担当医が「歯を抜きましょう」とすすめたとしても、歯内療法専門医ならば、歯と歯根を救うことができるかも知れません。歯内療法により、歯の内部の悪くなった歯髄(神経や血管など)を取り去り、その中を充填し密閉します。

そして、あなたの歯がもとのように復元されたなら、快適な咀嚼と自然な外観が手に入り、これからの人生において、他の歯と同じように機能することになります。

歯内療法専門医は、かなり厳しいダメージを受けた歯であっても、守ることができます。

もし、私たち歯内療法専門医でも歯を救うことができないときは、その代わりにブリッジやインプラントを考えます。それは、歯周組織と骨の状況により選択することになります。

しかし、インプラント治療は、とても複雑で高い費用がかかります。また、インプラント治療の終了まで、治癒期間を考慮すると、多くの回数と長い期間を要します。

専門医治療は、高い費用がかかりますが、それでも、インプラント治療程の費用は、かかりません。

※歯を抜く前に、歯を救うためにあらゆる手段を検討しましょう。何より、あなたの生まれもった歯にまさるものはないのですから!

歯を抜かずになおす歯根の治療の要点

佐藤院長 は、米国歯内療法学会(AAE)に1993年の入会以来、20年以上、AAEおよび各種国際学会にて研鑽を積んでいます。

そして、歯根の治療の知識と高度な技術を修得してきました。今では、こうすれば、歯根の治療はうまくいく、と断言できるようになりました。

そこで、佐藤院長 から「痛まず良くなおる歯根の治療」のキーポイントをお知らせいたします。

現代のハイテクノロジーを活用すること

根管治療の三種の神器、ニッケルチタン製ファイル、マイクロスコープ(実体顕微鏡)、歯科用CTがそろっていることが必須です。

歯根の治療という難しい技術を修練して身につけていること

単に良い道具をそろえれば、良い治療ができるというわけではありません。歯根の治療の腕前は一朝一夕で身につくものではないのです。根気強く、年月をかけて修練することが不可欠です。

また、さまざまな症例に応じて適正な治療方法を選択することができるようになるには、多くの経験の蓄積が重要になります。

さらに、最低5年以上、できれば10年以上にわたる経過良好な治療結果を患者さんに提示したいものです。

専門医指導医である佐藤院長は、1995年に専門医となり、以来20年以上の長きにわたり、専門医治療を実践し、良好な成果をあげてきております。

マイクロスコープ(実体顕微鏡)で歯根の中を明るく照らし拡大して、よく見えるようにして治療をすること

マイクロスコープは、何の治療のためにあるのか?その一番手にあげられるが、歯根の治療です。

術者と歯の位置を固定して治療できることで、マイクロスコープの有効性を最大限に引き出すことができます。マイクロスコープの使用目的は、拡大することと、明るく照らすこと。そうすることで治療成果が飛躍的に良好になります。

小さな米つぶの中をのぞくような繊細な治療ですから、拡大しないと歯根の中は見えません。

それと同じくらい大事なのが、歯根の中を明るく照らす照明の効果です。暗闇で懐中電灯を使うのと同じ原理で、通常の治療用ライトだけの治療というのは、暗がりの中をおそるおそる手探りで歩くことと同じようなものです。

最後に、抜歯の判定について

米国の著明な大学教授いわく、「歯根の状態を診断し、抜かずに歯を残すことができるのか、抜歯せざるを得ないのか、その判定を適切にできるのは、歯根の治療専門医である」。安易に抜歯してインプラントへと誘導する現在の歯科界に警鐘を鳴らす意味でも、この言葉の意味は深いものです。

長年培った歯根の治療の知識と技術を集約して、今後も専門医治療をしていく所存です。

☆自由診療での根管治療になります。受診の前に、治療費について、十分なご検討をお願いいたします。

根管治療に関する最新情報
Latest information

解説本:真剣に歯を残したい人のための根管治療

さらに詳しく知りたい方のために、
院長が執筆した根管治療の解説本があります。

根管治療解説本を申し込む