港町歯科クリニックロゴ

日本歯内療法専門医診療室

アクセス 医院へ電話

根管治療の流れ

歯内療法は、1本の歯について、1回または数回の来院で治療を終えます。 以下にその治療ステップについて解説します。

STEP 1

専門医は、検査とX線写真撮影を行います。それから局所麻酔をし、歯の神経が麻酔されたなら、ラバーダムをします。
ラバーダムにより、その歯を隔離し、清潔状態を保ち、唾液に汚染されないようにします。

STEP 2

歯冠から開けていきます。とても小さな器具を使い、歯髄腔と根管腔から歯髄組織をきれいに取り除き、根管充填できるように形態を創り上げます。

根管治療の流れ

STEP 3

歯髄・根管腔をきれいに清掃し、形態を整えたら、ゴムのような「ガッタパーチャ」という生物学的に良好な材料で、根管充填をします。
根管を完璧に封鎖するために、ガッタパーチャとセメントを使用して根管充填します。ほとんどの場合、入口を仮の封鎖材でフタをします。その後、補綴物を作る際には、仮の封鎖材を外して治療をします。

根管治療の流れ

STEP 4

専門医による歯内療法が終了したら、歯質の不足を補うためにまずは土台を築造します。

根管治療の流れ

その後、もともとの噛む機能を果たすように、クラウンや他の補綴物を作り、かぶせます。

根管治療の流れ

☆自由診療での根管治療になります。受診の前に、治療費について、十分なご検討をお願いいたします。

根管治療に関する最新情報
Latest information

解説本:真剣に歯を残したい人のための根管治療

さらに詳しく知りたい方のために、
院長が執筆した根管治療の解説本があります。

根管治療解説本を申し込む