港町歯科クリニックロゴ

日本歯内療法専門医診療室

アクセス 医院へ電話

根管治療費用

初めに

当治療室は、さしたる実績や裏付けもなく「○○○○○方式根管治療」とか「マイクロスコープ精密根管治療」と自称して名のる歯科クリニックとは、一線を画しております。

佐藤院長は、わが国の専門学会の認定を受けた専門医・指導医であり、世界最高峰の顕微鏡ZEISS社と治療器材VDW社のインストラクターにも認定されているスペシャリストドクターです。

当治療室で、共に治療にたずさわる歯科医師(シニアドクター・レジデントドクター)も、徹底した歯内療法の研修を受けているエキスパートです。

*シニアドクター …スペシャリストドクターに学んだ経験豊富な歯科医師
*レジデントドクター …若手の成長著しい歯科医師

治療費と内訳

それぞれの患者さんのご希望を詳しくお伺いし、治療に入る前にそれぞれの治療方法と治療費用について詳細なカウンセリングをし、ご相談をいたします。その後、ご希望に沿うように治療内容を決めてから、治療を行います。

予後のよい高品質の根管治療の費用

健康保険給付外の自由診療になります。健康保険の制約から離れ、世界的に標準となっている方法、器材、材料や薬剤などを使用し、 適正な治療をいたします。

健康保険給付外の自由診療
(1本あたり / 一般的な症例の場合)
スペシャリストドクター
100,000円〜250,000円
シニアドクター
30,000円〜70,000円
上部の補綴(かぶせ物) 50,000円〜150,000円

※消費税やその他の諸費用については、個別に十分な説明をいたします。

※根管の横に穴が開いてしまう、治療用器具(ファイル類)の根管内での破折と根管内への残存、根管の先や横に根管治療材料が押し出てしまう、痛くなかった歯が痛みだす、出血、腫れ、持続的な不快感、上顎洞炎、神経鈍麻やマヒが生じることがあります。

※治療部位、治療方法(非外科または外科)、以前の治療による根管内の状態、難易度、かぶせ物の要望などにより費用は異なるため、治療費には大きな幅があります。

通院回数と治療費用

治療費の内訳

まずはじめに、診査・診察をし、X線写真を撮影します。

その後

  • 根管治療
  • 根尖切除を伴う逆根管治療(外科処置)
  • 抜歯が望ましい

のいずれかに治療方針が決まります。

※歯根にヒビが入っている破折ケースは、根管治療をしても、望ましい治癒ができず、治療後の経過が不良となります。

当クリニックに寄せられたメッセージ

『港町歯科クリニックの皆様にどうしても感謝の気持ちをお伝えしたく、このような形でメールをさせて頂きました。結論から申しますと、あれほど長い間我慢していた歯の神経の痛みは、ほぼ完全に無くなりました

「この痛みは無いことにしよう」とか、「どうせ治らないならもう抜いてしまいたい」とか、「また歯医者さんに行っても治らないなら意味がない」と我慢して、諦め切っていましたが、本当に治りました。まさかこんなに完全に痛みが消えるとは。

私は今、当初の計画が二転三転してアメリカで仕事をしていますが、歯に関しては全く不安がありません。アメリカ名物の硬くて大きなステーキを500グラム程食べましたが、全く痛みませんでした。大好きな肉料理も、食べたら絶対痛みが出るからと食べられず、人と食事に出かけても歯が痛み始めてずっと苛々しながら楽しめずにいましたが、やっと食の楽しみを取り戻せました。これほど嬉しいことはありません。

佐藤先生の腕は本当に確かで、「この先生がベストを尽くしてダメなら本当にダメなんだろう」と不思議な安心感を感じながら治療を受けていましたが、期待以上の結果でした。来院すると次回の説明からまた新たなことがわかったり、『私が帰ってもいろいろと調べられているのだろうな』と感じました。しかも治療だけでなく、これだけの病院としての仕組みを作り、スタッフの方にもうまく仕事を任せ、見守って育てながら他の患者さんについての指示を出し、素晴らしい集中力で治療をされる姿は、究極のプロフェッショナルという感じで、大げさながら『人間ここまでやれるんだ!』という感想まで持ちました。

また、ここでお勤めをされていらっしゃる全てのスタッフさんにも心から感謝します。目が回るような忙しさの中でも心配りを忘れず、悪くなれば相談に耳を傾けてくれ、良くなれば心から喜んでくれ、上辺だけでなく本当に患者である私に寄り添って対応してくれました。こうしていても皆さんのお顔が思い出せるほどです。

これだけの仕事をされていて、楽なはずがありません。絶対に大変な労力と精神力も使われているはずで、陰でどれだけの努力をされておられるのか、私には想像もつきません。時には弱気になったり疲れ切ってしまうこともあると思います。私は一人の人間としては、その苦労を知ることは出来ませんが、一つだけ確かに言えることは、「皆さんのお気持ちはこれほどまではっきりと患者に届いている」ということです。はっきり言って感動しました。本当にありがとうございました。』

※自由診療での根管治療になります。受診の前に、治療費について、十分なご検討をお願いいたします。

ホームに戻る

根管治療に関する最新情報
Latest information

解説本:真剣に歯を残したい人のための根管治療

さらに詳しく知りたい方のために、
院長が執筆した根管治療の解説本があります。

根管治療解説本を申し込む